パールモンドールのケーキは、厳選された素材と、厳しい鮮度管理からつくられています。

パールモンドールの歴史

TOPパールモンドールの歴史

パールモンドールの歴史

「フランセ」オープン当時の写真

昭和46年、現パールモンドール創業者の下出正三は、それまで25年間勤めた小樽の「館」を後にし、札幌を独立の地に選んだ。
その年の5月10日、中央区円山に洋菓子専門の店「フランセ」をオープン。
正三の徹底した品質管理はお客様に評価され、やがて評判は口コミで広がり躍進する。

 
最初の二十四軒店の写真

昭和47年、法人登録。
店名を現在の「パールモンドール」へ変更。
翌年の昭和48年には西区二十四軒に二号店をオープンした。写真は最初の二十四軒店。

 
店内風景

昭和50年、円山本店を現在の南6条店へ移転。
手作りの洋菓子作りの工程をお客様にオープンにしようと、売り場と工房の壁をガラス張りにした。
このガラス張りの工房は評判で、真似をする店も続出した。

 
「二十四軒店」オープン当時の写真

昭和58年、二号店の「二十四軒店」を新築開店。これまでのテナントより移転となる。

 
表彰状
平成元年
社団法人日本洋菓子協会連合会表彰
平成 4年
社団法人日本洋菓子協会連合会功労賞
平成 8年
北海道産業貢献賞
平成10年
日本食品衛生協会表彰
平成11年
福井市市ノ瀬町名誉町民証表彰
平成12年
黄綬褒章受賞
 

パールモンドール創業者 故 下出正三

このページの先頭